主な仕事内容

仕事の内容は大きく3つに分けられます

1. 歯科予防処置

 お口の中の病気(虫歯・歯周病など)を予防するために処置を直接施します。(予防的歯石除去や、フッ化物塗布など。)

2. 歯科保健指導 

 お口の病気にならないための方法や知識を指導し全身の健康回復・維持を目的とします。(みんなの歯を守ります。)

3. 歯科診療補助

 歯科医師の治療のお手伝いをします。
(確かな知識と技術が生かされるとき。)

口腔ケアのスペシャリスト

 歯科衛生士は、その専門課程を修め、国の資格試験に合格した者だけが厚生労働大臣から免許を受け、歯科医療・保健・福祉の分野で活躍するスペシャリストです。今、歯科医療は口腔疾患の治療から予防へ、さらに摂食など口の機能訓練へと大きく変わりつつあります。その中で、歯科衛生士の役割は大きく広がり、医療分野で最も期待されている職種です。